営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » 評判の高いコールセンターシステム開発・販売会社リスト » リンク » BIZTEL CTI

BIZTEL CTI

導入実績は1500社超という、コールセンターシステムのなかでもとりわけ高いシェアを誇る「BIZTEL CTI」。クラウド型の様々なメリットを享受しながら、コールセンター業務を効率化できます。

「BIZTEL CTI」の特徴

「BIZTEL CTI」の特徴は下記の点にあります。

導入実績は1,500社以上

「BIZTEL CTI」を導入した企業は、1,500社以上に上ります機能が多くて拡張性も高いため、企業の規模に関わらず、様々な業種のコールセンターで活用されています。

クラウド型なので気軽に利用可能

「BIZTEL CTI」はクラウド型のCTIシステムなので、インターネット環境とPCさえあれば準備できるのも魅力。PBX(交換機)も必要ないため、在宅のコールセンターが実現できます。さらに、クラウド型ならではの低コスト化にくわえ、導入後もwebから24時間365日の電話サポートを受けられます。

「BIZTEL CTI」のメリット・デメリット

「BIZTEL CTI」のメリット・デメリットは下記の点にあります。

メリット:クラウド型のメリットを享受できる

導入が簡単、どこからでも利用できるなど、クラウド型のコールセンターシステムならではのメリットを全面的に利用可能。既に利用している電話番号をそのまま使用できる点も使導入のハードルを下げています。

デメリット:音声が暗号化されていない

「BIZTEL CTI」は音声が暗号化されていないため、VPNを物理回線に張らなければなりません。このため、完全なクラウド化ができない、という指摘がされています。さらに、APIがないため自力による連携開発の試みができない、というデメリットもあります。

「BIZTEL CTI」の導入の流れ

「BIZTEL CTI」の導入にあたっては、コールセンターはもちろん、コールセンターPCI DSSやモバイル、ビジネスフォンなど、様々な電話から問い合わせが可能です。

最初に見積もり依頼を行えば、それぞれの業務に基づいた見積もりと提案を受けることができます。お申し込み後は、最短納期5営業日で利用可能になります。管理画面からセットアップを行い、利用をはじめましょう。

「BIZTEL CTI」の導入企業の声

「BIZTEL CTI」の製品導入企業のコメントを一部ピックアップしてみました。

マーケティング会社の事例
アウトバウンド業務でも、エクセルの電話リストからワンクリックで架電できるため、作業の手間が省けますし、番号の押し間違いもなくなります。履歴の検索もできるため、確認が必要になった場合も便利ですね。
保守管理会社の事例
実際に問い合わせの業務で活用していますが、リアルタイムでコールの待ち件数などの情報を確認・共有できるため、素早い対応が可能になりました。初期設定も簡単ですし、コストも比較的安価だと思います。

「BIZTEL CTI」のまとめ

さすが高いシェアを誇る「BIZTEL CTI」だけあって、コールセンターシステムに求められる機能やサポート体制が整っています。クラウド型なので在宅ワークのコールセンターを設置できることも人気の理由のようです。

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇