営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには » アウトバウンドコールシステム選び方

アウトバウンドコールシステムの選び方

テレアポ営業を成功させるための切り札である、アウトバウンドコールシステムの導入方法、選び方などを解説します。まずは、テレアポ営業に必要な要素について考えてみましょう。

テレアポ営業に
必要な三大要素を
チェックしよう

テレアポ営業を成功させるための基礎となるのは、下記で紹介する3つのポイントです。

良いリストを手に入れる

テレアポ成功への道は、有効な架電先リストを手に入れることから始まります。データ会社などからリストを購入することができますが、リストの質を確認する必要があります。

良いトークスクリプトを作成する

「架電先の情報を引き出す」、「自社製品やサービスの情報を理解してもらう」、といった目標を設定して、相手の興味を惹きつけるトークスクリプトを作成しましょう。

リストや顧客情報を適切に管理する

架電リストやトーク内容、顧客情報などを一括して管理し、担当者全員で共有することが大切。担当者のスキルを平準化するために、トークスクリプトも共有しておきましょう。

機能別に見る
オススメのアウトバウンド
システムを紹介

アウトバウンドコールシステムの導入を検討している方へ、システムを選択する際に注目して欲しい機能について解説します。また、その機能を備えたシステムをピックアップして紹介しましょう。

リスト管理

複数のコールセンターや営業拠点がある場合、すべての拠点で一括して架電リストを管理する必要があります。架電したのかしないのか、どの程度まで話が進んでいるのかなど、具体的な内容を複数の拠点に在籍するメンバー全員で共有できる機能は必須です。

List Navigator (SceneLive)

架電の有無や架電禁止登録、エリア管理などができ、受注件数や見込み件数などをリアルタイムで共有できます。

Sakura (アースリンク)

見込み客リストの一元化が可能。コール回数やコール履歴をチェックできます。コール禁止設定もあり。

アポ放題(モズエンタープライズ)

顧客の情報をタグで管理できます。電話口の相手が、「奥様」「一人暮らし」なのかなど記録できる機能。架電結果も管理できるのも魅力。

トークスクリプトの共有

オペレーターや営業担当者ひとりひとりのスキルや成功率をアップさせるために、顧客の興味をつかむトークスクリプトを全員で共有することが大切です。通話内容を録音したり、リアルタイムで聞くことで管理者がサポートできますし、成功例や失敗例から改善点を分析し、共有できるようになります。

List Navigator (SceneLive)

ファイル共有が可能ですので、作成したトークスクリプトを共有して営業へ活かすことができます。全通話録音を行いメンバー全員で確認することで、オペレーターや担当者のスキルアップにつながります。

エバーコール (エバーバンク)

全通話自動録音や再生機能、通話のモニタリングなどができますし、オペレーターの出退管理なども可能。リアルタイムでオペレーター集計もできます。

Sakura (アースリンク)

切り返しトークなど、成功事例を共有できるので効率的なスキルアップにつながります。どのようなトークをしているか、リアルタイムのモニタリングも可能です。

架電管理

クリックひとつで架電できる機能や、オートコール、プレディクティブコールなど、効率よく架電し、興味のある顧客や在宅している顧客にのみつながる機能があると、成功率が飛躍的に向上します。

List Navigator (SceneLive)

最初のアプローチを自動音声ガイダンスで行い、在宅か不在かを見分けるプレディクティブ機能を組み合わせて、興味のある顧客にのみ繋がるよう工夫された、オートセールスプレディクティブ機能を備えています。

乱打かけ丸(サイバーコール)

自動で在宅確認を行い、在宅している顧客のみオペレータにつなぐ「かけ丸キャッチ」機能や、かけ間違いなどを防ぐオートコール機能を採用しているシステムです。

架電結果の分析

架電結果や内容を集計することはもちろん、その結果から傾向や対策を考えたり、分析する機能を備えたシステムがあります。エリア別や担当者別に分析できたり、架電時間などの分析も可能です。

List Navigator (SceneLive)

架電結果をリアルタイムで集計し、データを可視化。さらに、エリアごとやステータスごとにまとめたり、オペレーター別に結果を分析することも可能です。

アポ放題 (モズエンタープライズ)

スマートフォンで使えるCTIシステム。クラウド型なので、どこでも顧客データを一元管理でき、データ分析もできます。

アウトバウンドシステムの
対応機能まとめ

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

リスト管理 TS共有 架電管理 架電分析
List Navigator.
Sakura
アポ放題
エバーコール
乱打かけ丸

※TS=トークスプリプト

その他のアウトバウンド
コールシステムの機能

IVR機能

プッシュボタンや音声認識によって、自動的に顧客を案内する自動音声応答装置です。大規模な企業の問い合わせ受付やコールセンターなどで採用されています。

CTI機能

Computer Telephony Integrationの略で、コンピュータと電話を統合したシステムのことをCTIと称しています。有線電話だけでなく、FAXやIP電話、スマートフォンなども含まれます。

オートコール機能

自動発信することによって、かけ間違いや、クレームなどで架電禁止としている番号へ架電することを防ぐ機能です。架電スピードをアップすることも可能となります。

プレディクティブダイアリング機能

自動で架電先の不在や在宅を確認し、在宅している場合のみオペレーターへつなぐ機能。架電効率をアップさせる効果が期待できます。

ささやき機能(ウィスパリング)

オペレーターや営業担当者が架電中、管理担当者が会話を聞きながら問題点や改善点などを指摘できる機能。リアルタイムでトークを後方支援できる機能です。

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇