営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには » テレアポ営業のアポ率UPへの道

テレアポ営業のアポ率UPへの道

このページではテレアポ営業で失敗しがちな点やお悩みをまとめて解決。どんな対策を取ればアポが取れるのか、営業の極意を解説しましょう。

テレアポ成功のコツ 
~事前準備はしっかりと

テレアポ営業にいくつかある壁の中でも、最初にやってくるのが「受付を突破できない」、「代表と話せない」といった壁。担当者にすら繋いでもらえなければ、アポ獲得は遠い夢のまた夢です。営業の初期にぶつかりがちな壁には、入念に事前準備を行うことで対処しましょう。

まずは事前調査を

できれば架電する企業の事業内容や、過去に競合商品やサービスを導入していないか、相手先のニーズなどをリサーチしておくとよいでしょう。相手の情報が全くない状態では不安になりますし、信頼して話を聞いてもらえる流れを作りにくくなります。

メリハリのあるキャラを設定

電話ではトークの内容以前に、声のトーンで相手の印象がガラリと変わるものです。明るいトーンではきはきと話す練習をしたり、メリハリのある話し方ができるよう訓練してみましょう。この際、自分の普段の話し方や性格は封印し、営業トークの時だけでもキャラを作ってみるのが良いでしょう。

あいさつと自己紹介はしっかり

キャラ設定ができたら、あいさつと自己紹介で相手の好印象を勝ち取る訓練を。柔らかな口調であいさつし、自社の具体的な紹介をしながら自分の名前をスムーズに言えるように練習すると良いでしょう。相手に与える第一印象が、ビジネスの成功へとつながります。

電話する時間やタイミングも大事

相手が忙しくしている時間に電話しても、話を聞いてもらえる可能性は低くなります。できるだけ余裕がありそうな時間帯を狙って電話することも大切です。

テレアポ成功のコツ 
~会話の始め方から
終わり方まで

次に多いお悩みとして「会話がつながらない」、「興味を持ってもらえない」、「アポにつながらない」といった、トークスキルに関するものが挙げられます。そこで、アポイント獲得へつながる会話のコツを伝授しましょう。

説明は簡潔に

製品やサービスを説明する際は、理解してもらおうと思えば思うほど細部まで長々と説明しがちですが、実は逆効果です。長い説明は相手を飽きさせてしまい、製品の良さが伝わりません。必要最低限の情報だけをかいつまんで説明することで、集中して話を聞いてもらえます。

距離を縮める会話術を身に付けよう

どうしても、知らない相手に対しては不信感や警戒感が生まれてしまい、話を聞いてもらえないこともあるのですが、相手との距離が近ければ親近感がわいて話を聞いてもらえる可能性が高くなります。
例えば趣味であるとか出身地であるとか、話している相手と自分との共通点を見つけることで、相手との距離を縮めることができます。

相手に合わせてトークスクリプトを変える

定型のトークスクリプトを共有して、それに従ってトークを進めるのは基本ですが、時には型から外れて相手に合わせたトークへ変更することも効果的。自社製品のアピールだけをするのではなく、相手の売り出したい製品の話を引き出したり、相手企業のニュースを話題にしたり、話を盛り上げる工夫をしてみましょう。

言い切り型はNG

「この製品を使えば必ず売り上げがアップします!」といった言い切り型のトークには誰しも抵抗を感じてしまうものです。同じ内容を相手に伝えるにしても、「わが社の製品が、御社の問題解決のお役にたてるかもしれません」といった言い回しならどうでしょう。誠実な感じがしますし信頼できると判断してもらえるのではないでしょうか。

具体的な約束で終わらせる

少しでも興味を持ってもらえたなら、会って話を聞いてもらえるチャンスかもしれません。そこですかさずアポイントの日時設定を。「来週中にお時間いただけないでしょうか」といったあいまいな提案では「じゃまた今度で」となってしまう可能性が高くなります。相手に面倒くさいという印象を与えないために、「来週の火曜日か木曜日なら近くに参りますので……」というような具体的な提案をするのがポイントです。

1ブースから導入できる
結果の出るテレアポシステムの
選び方をチェック

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇