営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには » テレアポを効率的に管理する

テレアポを効率的に管理する

テレアポ営業を成功させるためには、架電内容や架電リスト、顧客などを管理することが大切。管理する方法やメリット、注意点などをまとめて紹介しましょう。

管理でできていないと
こんな問題が……

テレアポ営業で最大の敵となるのは、「担当者が変わった際に引き継ぎができていない」、「同じ営業先に複数の営業担当者が何度も電話してしまう」といった管理不足によって発生してしまう問題です。ターゲットからしてみれば、そんなことも管理できていないのか、と不信感が募りますし、契約へつながる可能性も低くなってしまいます。
これらの問題は、架電リストや顧客情報を担当者全員で共有できていれば防ぐことができるトラブルですので、テレアポ営業に関しては管理することがいかに重要かが理解できるでしょう。

テレアポでは
何を管理すべきなのか

テレアポ営業において、どのようなことを管理すべきなのかをまとめてみました。
顧客の情報や架電状況についてだけではなく、営業するスタッフ側のスキルや作業状況などについても同様に管理が必要であることに注目すべきでしょう。

架電リストの管理

架電したかしないか、確度が高いか低いかなど、架電リストの内容を管理します。

架電内容の管理

1件1件の顧客に関して、どの程度まで話が進んでいるのか、といったトークの内容を管理します。

見込み顧客の管理

架電した顧客が、どのくらい興味を示しているのかといった見込みの確度について管理します。

営業担当者の管理

営業担当者の得意な点や苦手な点、改善点などを明確にして管理します。

管理することで
生まれるメリットとは

顧客管理やリスト管理が確実にできるようになると、下記のようなメリットが生まれます。

テレアポを管理するために
必要なツールとは

エクセルやスプレッドシートでリストと情報を管理している方も多いかと思いますが、タイムラグが生じてしまったり、最新の情報を確実に共有できているかという点で疑問が生じます。また、エクセルやスプレッドシートは、最新情報を入力し更新する作業が必要となり手間がかかる点も問題です。

テレアポシステムの導入で
確度の高い営業を

そのような問題点を鑑みると、確実な管理と作業効率のアップに必要となるのは、テレアポのために開発されたシステムを導入すること。そのようなシステムを導入すると、クリック一つで発信できますから架電率を大幅にアップすることができます。また、トーク内容を録音したり、管理者が聞くことができるので、リアルタイムでトークのサポートをすることも可能です。さらに、架電と同時に情報の集計ができる機能もあるので、長期的な分析や問題点の明確化、改善もしやすくなります。テレアポシステムは、簡単な方法で誰でも操作できますし、テレアポ営業を確実に成功に導いてくれます。

1ブースから導入できる
結果の出るテレアポシステムの
選び方をチェック

アウトバウンドシステムの
各社対応機能まとめ

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

細分化された顧客のステータスを一括把握

リスト管理

話す内容を共有し、スキルレベルを一定に

TS共有

見込み顧客を明確にし、優先的に架電

架電管理

架電内容や対応を分析し、改善策を打てる

架電分析
List Navigator. 〇 〇 〇 〇
Sakura 〇 〇
アポ放題 〇 〇
エバーコール 〇
乱打かけ丸 〇

※TS=トークスプリプト

【リスト管理】・・・細分化された顧客のステータスを一括把握。適切な顧客に適切なタイミングで架電できるメリット。

【TS共有】・・・話す内容を共有し、スキルレベルを一定に。オペレーター全体の底上げへ。

【架電管理】・・・見込み顧客を明確にし、優先的に架電。成約率を高める。

【架電分析】・・・架電内容や対応を分析、即座に改善策を提案。戦略的なテレアポが可能。