営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには » テレアポは良リストが鍵

テレアポは良リストが鍵

テレアポ営業を成功させるための第一歩は、架電先リストの質にかかっていると言っても過言ではありません。どのようにリストを入手するのか、リストの質の見極め方やリストの有効な活用法を紹介します

リストをどうやって手に入れる!? 
使える「良」リストの入手法

テレアポ営業のアプローチ先をリストアップする方法はいくつかありますが、その内の代表的な方法について解説しましょう。

販売されているリストを購入する

営業先が法人ならば、企業リストを作成している会社から購入することができます。大規模なデータ会社が所有しているリストから、テレアポのシステムを作っている会社のリストまでたくさんあり、様々な条件で企業情報を絞り込むことが可能。ただし、それなりの費用がかかりますし、質の悪いリストが販売されていることもあるので注意が必要です。

ネット上の公開情報を集める

インターネットのホームページから、競合サイトをチェックしてひとつひとつリストアップしていく、という方法があります。リストアップ作業を効率化するソフトなどを利用して作成することもできますが、インターネット上の情報は正確性が保証されていないこともあり、取り扱いに注意しなければなりません。

自社サイトのアクセス解析を利用する

自社のWebサイトへアクセスのあったIPアドレスを解析し、相手先を可視化できるツールを利用すると、企業などを特定できる場合があります。すべてが営業先として有効ではありませんが、自社の製品に興味を持っている企業を知ることができます。

有効な企業を紹介してもらう

現在の取引先や訪問先などで、知り合いの企業を紹介してもらい、それをリストアップする、という方法があります。有効性が高いという点はメリットですが、一度に多数の情報を得ることが難しい、という点がデメリットです。

リストを買う場合、
作る場合の注意点

リストを買う場合

テレアポのシステムを作っている会社などから企業リストを購入する場合は、価格が適正かどうかをチェックすることと、リストの内容や質を吟味する必要があります。販売しているという性質上、ほかの競合他社も同じリストを持っている可能性もあるわけで、すでに他社が営業コールをかけてしまって質が低下していることも考えられます。

リストを作る場合

自社に興味をもっている企業を1件1件リストアップしていく作業は、手間がかかりますし、インターネットから得る情報などは正確性に欠ける場合もありますから、注意が必要です。

リストの有効な使い方とは

アタックするターゲットをリストアップしたら、そのリストをどのように使うのか、ということについても考えてみましょう。テレアポの成功率や効率を上げるためには、使い方こそが重要なのです。

営業先をエクセルやスプレッドシートで管理している方が多いかもしれませんが、そのままでは架電履歴や会話の内容などまで管理するのが難しいですし、結果や情報の分析までできるわけではありません。何より、リストをひとつひとつ目で追いながら電話をかける作業は、数百件規模になると時間的にも作業的にも重労働となります。

リストはシステムでの管理がキモ!

そこで、テレアポの効率や成功率を上げるために、テレアポシステムを導入するのが最も良い方法。クリックひとつで発信できる機能や、一目で架電履歴が分かる操作画面、架電結果の集計も瞬時にできますので、架電率が格段に上がります。中には、架電結果から問題点などを分析できる機能があったり、架電中にリアルタイムで会話を管理者が聞き、サポートできる機能などを備えているシステムもあります。

入手したリストをより有効に活用するために、テレアポのシステムを利用することを検討してはいかがでしょうか。

1ブースから導入できる
結果の出るテレアポシステムの
選び方をチェック

アウトバウンドシステムの
各社対応機能まとめ

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

細分化された顧客のステータスを一括把握

リスト管理

話す内容を共有し、スキルレベルを一定に

TS共有

見込み顧客を明確にし、優先的に架電

架電管理

架電内容や対応を分析し、改善策を打てる

架電分析
List Navigator. 〇 〇 〇 〇
Sakura 〇 〇
アポ放題 〇 〇
エバーコール 〇
乱打かけ丸 〇

※TS=トークスプリプト

【リスト管理】・・・細分化された顧客のステータスを一括把握。適切な顧客に適切なタイミングで架電できるメリット。

【TS共有】・・・話す内容を共有し、スキルレベルを一定に。オペレーター全体の底上げへ。

【架電管理】・・・見込み顧客を明確にし、優先的に架電。成約率を高める。

【架電分析】・・・架電内容や対応を分析、即座に改善策を提案。戦略的なテレアポが可能。