営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには » テレアポ営業業界別事例 » リフォームリノベーション

リフォームリノベーション

リフォームやリノベーションを手掛ける工務店やリフォーム会社のテレアポ営業について、気をつけるべきポイントと、テレアポのテレアポシステム(アウトバウンドシステム)を利用して成功した事例を紹介しています。

リフォーム業界のテレアポ
重要ポイント3つ

リフォーム業界におけるテレアポ営業最大の壁は、顧客が持っている防御意識です。

というのも、リフォームやリノベーションを行う施工会社の中には、激安価格で大規模な営業をかけ、クレームが多発するような悪徳業者も横行しており、そのような営業を受ける消費者側もかなり警戒している、という事情があるからです。

そこで、リフォーム業界のテレアポ営業のポイントとして以下の3つが挙げられるでしょう。

住宅のリフォームの営業をかける場合、エリアによって地理的な特性や住民の年齢および所得などの違いなどによって、顧客ニーズに特性が見られることがあります。例えば、海の近くのエリアであれば塩害が多い屋根や外壁の修理などに重点を置いてキャンペーンを計画し、チラシなどを配る工夫を。その上でエリア全域にローラー作戦で架電すると、効果的でしょう。

リフォームリノベーション業の
テレアポシステム導入事例

事例1.リフォーム会社のアウトバウンドに
オートコールサービスを利用

住宅などのリフォームを手掛ける会社が採用したアウトバウンド向けコールサービスの事例を紹介します。

新規顧客開拓のためのキャンペーンについて検討しているとき、コールセンターの専門業者からオートコールサービスについての提案を受けました。少ない件数でも始められるコースがあるということもあり、その業者とオートコールのコースで契約すして営業を開始することに。架電する営業先へは無作為のアプローチでしたが、興味のある新規の顧客からの反響もあって初回の結果は満足できるものとなりました。

コストについても、オペレーターを使っての電話やDMと比較すると圧倒的に安くできるので、その後も定期的に実施しているそうです。

事例2.リフォーム業の事務所での
電話代行サービス

自社のスタッフは施工現場へ出払っていて事務所が不在になりがちだというリフォーム会社で、電話代行サービスを外部のコールセンター専門業者へ委託した事例です。

これまで事務所を不在にする時間は留守番電話で対応していましたが、新たに営業をかけた新規顧客からのインバウンド電話を留守電では対応できていなかったことに気が付き、オペレーターによる電話代行サービスを外部の専門業者へ依頼することにしました。オペレーターの対応も好印象で、利用料金もリーズナブルでした。

アウトバウンドなどオプションで必要事項を追加することも簡単できましたし、きめ細かく対応してもらえたため、新規の顧客を逃すこともなく、売り上げも順調に増えてきているそうです。

テレアポシステムの機能・
選び方を見る

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇