営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには » テレアポ営業業界別事例 » 金融/保険業

金融/保険業

金融や保険、クレジットカード会社や証券会社のテレアポ営業について、気をつけるべきポイントと、テレアポのテレアポシステム(アウトバウンドシステム)を導入した事例を紹介しています。

金融/保険業の
テレアポ重要ポイント3つ

金融や保険業におけるテレアポ営業のポイントは、すでに契約している顧客に新しい商品を提案するという方法を利用できること。過去に契約したことのある顧客なら、話を聞いてもらえる可能性も高いと考えられます。全くの新規顧客の開拓も重要ですが、既存の顧客管理を徹底することで、新たな契約に結び付けるわけです。

そこで、ポイントとなるのは以下の3つでしょう。

テレアポ営業担当者が顧客情報をしっかり共有し、契約状況を把握しておくことが大切。担当者が変わる際のあいさつや、契約更新のお知らせをすると同時に営業をかけると有効です。また、新しい保険や金融商品を提案するときは、売り込みよりも「こんな商品がお役に立つかもしれませんよ」といった程度の軽いトークで展開するのもポイントです。

金融/保険業の
テレアポシステム導入事例

事例1.国内大手カード会社への
コールセンターシステム導入例

国内大手クレジットカード会社において、カード事業とファイナンス事業の販促業務を統合することとなり、それに伴って両方の要件を満たすコールセンターの仕組みをインバウンド、アウトバウンドともに構築しました。インバウンドとアウトバウンドを問わず、顧客対応履歴を一元管理できるようになり、更に基幹系システムとの連携により、社内の他部門からの情報を取り込むことが可能に。顧客へ多様な形でアプローチでき、業務全体が効率化したと好評を得ました。

事例2.大手都市銀行での
アウトバウンド業務の時間拡大

いくつかあるアウトバウンド業務の中から、外部委託が可能な業務を委託。特に、休日や勤務時間外のアウトバウンド業務を行うことで、顧客との接点を増強することに成功しました。また、外部へ委託することでワンコールあたりのコストを削減することにもつながり、業務の運用手順を見直しして効率化をはかりました。

事例3.大手損害保険会社での
新コールセンター立ち上げ

それまでの、お客様からの問い合わせを受け付けるだけの受け身のコールセンターを改善し、情報発信の機能を持たせた新センターを開設するにあたり、コールセンターをアウトソーシングすることに。全国の保険代理店の代わりに、お客様へ契約更新手続きの連絡や保険商品の内容説明、契約手続きのご案内をする業務を新しいコールセンターで行うことになりました。社内へ外部スタッフが常駐し、立ち上げと運営を行いました。

営業効率と売上UPが狙える
アウトバウンドシステム3選を見る

テレアポシステムの機能・
選び方を見る

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇