営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには » テレアポ営業業界別事例 » 人材派遣業

人材派遣業

転職エージェントなどの人材派遣業のテレアポ営業について、気をつけるべきポイントと、テレアポのテレアポシステム(アウトバウンドシステム)などで成功した事例を紹介しています。

人材派遣業のテレアポ重要ポイント3つ

人材派遣業のテレアポ営業先は人材の採用を検討している企業であることが多いわけですが、飛び込みで売り込んでくる同業者も多いため、アポを獲得するのはかなり難しいものとなりがちです。

そこで、人材派遣業のテレアポ営業のポイントは以下のような3つが挙げられます。

人材派遣業のテレアポ営業は、採用担当者へつないでもらえるまでにひとつ壁があります。そこで、営業先企業の情報をリサーチし、採用担当者の名前などをあらかじめ知っておくとスムーズに進みやすくなります。また、採用担当者の興味を惹く人事採用に関するトークを用意しておくこと、相手に合わせてトークスクリプトを変えていくのも方法のひとつです。

人材派遣業のテレアポシステム導入事例

事例1.転職希望者との面談設定率をアップ

転職エージェントサービス業において、コールセンター専門業者のアウトバウンドシステムを活用し成功した事例を紹介。

転職を希望する方は複数のエージェントサービスへ登録することが多く、競合他社より早く転職希望者と接触するため、希望者がエージェントへ登録後すぐにアプローチすることが人材確保のためには重要と考えられています。そこで、外部の専門業者が提供しているアウトバウンドのシステムを採用することに。オペレーションを効率化させるため、架電量の予測とそれに合わせた稼働や申込みリストの振分け、架電した結果と次に架電するタイミングなどを徹底して管理するようにしました。

その結果、適正な稼動コントロールとアプローチの改善により面談設定率が向上しました。

事例2.24時間稼働のコールセンターへ人材派遣

金融機関向けに電子機器を製造・販売している企業で、コールセンターを外部の専門業者へ委託した事例です。

顧客からの問い合わせに対応するため、24時間稼働するコールセンターを設置しているのですが、特に夕方から深夜の時間帯の人材確保に苦労していました。コールセンター代行業者に依頼し夜間帯の人材の採用や教育のノウハウを共有。

その結果、安定的でかつ継続的な採用を実現できるようになりました。また、従業員の満足度を重視しており、働いている派遣社員により良い職場環境を提供出来るよう、定期的な打合せを実施しながら満足度の高い職場を目指しています。

営業効率と売上UPが狙える
アウトバウンドシステム3選を見る

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇