営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには » テレアポ営業業界別事例 » 広告仲介業

広告仲介業

広告仲介業においてのテレアポ営業のテレアポ営業について、気をつけるべきポイントと、テレアポのテレアポシステム(アウトバウンドシステム)を導入した事例を紹介しています。

広告仲介業のテレアポ重要ポイント3つ

広告仲介業における営業はたくさんの企業へアプローチするのが基本。テレアポなら架電数で勝負です。ただ闇雲に架電するのも一つの手ですが、少し視点を変えてみると成功率が上がる可能性もあります。

広告仲介業のテレアポ営業のポイントとして、以下の3つが挙げられます。

広告営業は多数の広告会社と競い合って顧客を勝ち取らなければならないため、とにかく多くの企業と接触することが必要です。そのため、架電リストをしっかり管理して架電効率を上げることが成功への近道。様々なジャンルの企業の中から、自分がよく知っているジャンルの企業を意識してアタックするというのもポイントです。

また、1度断られたとしてもリストから消さず、数日後に再びアタックすると意外とアポが取れることもあります。

広告仲介業業のテレアポシステム導入事例

事例1.広告代理店のキャンペーン事務局を設置

広告代理店における、クライアント企業のキャンペーン事務局を外部の専門業者へ依頼することで成功を収めた事例。

クライアント企業のプロモーション活動の一環としてキャンペーン事務局の機能を企業より受託し、立ち上げから運営までを行っていました。しかし、事務局の運営状況の把握やキャンペーンのマネジメントは作業が多岐に及び煩雑なため、本来対応しなければならない広告業務へ集中できない状況にありました。

そこで、キャンペーン事務局の設置から運営までを外部の専門業者へ委託することに決め、事務局の業務内容を可視化することからスタートしました。さらに、スタッフのスキルを平準化したり、マルチスキル化などを積極的に進め、生産性を向上させることに成功しました。その結果、対応できるキャンペーン数が倍増しました。

事例2.WEB制作会社でアポイント獲得のためのアウトバウンド

企業のWEBサイトなどを手掛ける制作会社において、営業活動のアウトバウンドを外部委託した事例です。

それまでは、社内で営業担当者2名をアウトバウンドのために配置しており、過去に依頼を受けたことのある企業などを中心に架電してアポイントを取得できた段階で訪問して営業を行っていました。決算月などは多くのアポイントを取りたくても、リソースが限られているために難しくなっていました。

そこで、業務フロー設計支援やコールフロー設計、トークスクリプト作成などを外部の専門業者へ委託し、アウトバウンド専門チームによって運用。アポイント獲得率が向上しました。

営業効率と売上UPが狙える
アウトバウンドシステム3選を見る

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇