営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには » テレアポ営業業界別事例

テレアポ営業業界別事例

コールセンター業務のうち、アウトバウンド部門を外部の専門業者へ委託したり、外部業者が開発したシステムを採用した事例を業界別に紹介しています。

金融/保険業

金融機関や損保・生保などの業界では、顧客管理や新規顧客の獲得のためにコールセンターが重要な役割を果たします。社内で専門の部署を設ける場合もありますが、外部の専門業者に委託してコールセンターを開設したり、システムを採用している事例がありますので解説しましょう。

不動産

不動産業も、インバウンド、アウトバウンド共にコールセンターを設ける必要がある業界です。入居者や家主などのサポート、不動産店との提携契約など外部の専門業者によるクラウドサービスやコールセンターを利用した事例をいくつか紹介しています。

リフォーム・リノベーション

リフォームやリノベーションなどを手掛ける施工会社が新規顧客を獲得するため、アウトバウンドにコールセンターを利用する事例を紹介します。オートコールサービスや電話代行など、様々なタイプのシステムを利用することができます。

人材派遣業

転職エージェントサービス業者が、登録後の転職希望者といち早く接触するため、コールセンター専門業者のアウトバウンドシステムを採用した事例を紹介します。競合他社に先駆けて良い人材を確保するためには、効率よく架電したり次回の架電時期などをコントロールする必要があります。

広告仲介業

企業のプロモーション活動の一環としてキャンペーン事務局を立ち上げ、運営する広告代理店が、事務局の設置から運営までを外部へ委託した事例などを紹介しています。また、企業のWEBサイトなどを制作する会社が、営業活動のアウトバウンドを外部の専門業者へ委託した例も。

通信業

通信キャリア会社が、新規事業へ参入する際に大規模センター立ち上げとアウトバウンドをコールセンター専門業者へ委託した事例を解説します。さらに、インターネットプロバイダが加入した顧客向けのアウトバウンドを行うコールセンターを外部業者へ委託した事例も。

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇