営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » テレアポ営業を成功させるためには

テレアポ営業を成功させるためには

テレアポ営業を成功させるために必要な極意、アウトバウンドシステムの選び方やコツなどを簡単に解説しています。まずは営業先のリストを入手して顧客の興味を惹くトークスクリプトを作成し、架電リストやトーク内容の管理をしっかり行うことから始めてみましょう。営業トークにはいくつかの成功ポイントがありますから、そちらもチェックしておくことをお勧めします。

また、実際にアウトバウンドシステムを利用した成功例を業界別にピックアップ。金融や不動産、広告や通信など、その業界ならではのシステム活用法を紹介していますので、参考になさってください。

テレアポは良リストが鍵

テレアポ営業のベースとなるのは、営業先の企業リスト。データ会社やコールセンターのシステム制作会社などから購入する方法と、インターネットや口コミなどでリサーチし1件1件リストアップしていく方法があります。いずれにしても、競合している他社が架電している可能性がある企業を避けたり、リストの質を吟味する必要があります。

テレアポに大事なのは
トークスクリプト

テレアポを成功させるためには、相手の心をつかみ、アポイントを獲得するトークスキルが重要です。成功例をベースにトークスクリプトを作成し、それを担当者全員で共有するのがポイント。スキル向上やアポ率アップへ確実につながります。

テレアポを効率的に管理する

闇雲に電話をかけ続けてもアポが取れるわけではありません。架電リストや架電内容、オペレーターの作業管理などをきちんとできているかどうかが、新規顧客を獲得できるか否かの分かれ道。作業効率を上げるためにも、架電管理をしっかりと行いましょう。

テレアポシステム
(アウトバウンドコールシステム)の選び方

テレアポ営業を支援する、アウトバウンドコールシステムを導入する企業が増えています。そんな中で、より効率アップや売り上げアップへつながるシステムを選ぶ方法を紹介しましょう。

導入しやすく結果の出る
テレアポシステムの選び方を
チェック

テレアポ営業の
アポ率UPへの道

より効率よくアポイントをゲットするためのコツとは、どのようなところにあるのでしょう。テレアポ営業でぶつかりがちな壁やお悩みを解決するためのポイントを簡単に解説いたします。ちょっとしたところを意識するだけで、確実にアポ率はアップするもの。架電効率や作業効率を上げるシステムを導入することも、成功への近道となります。

テレアポ営業業界別事例

一言で「テレアポ」と言っても、業界によりお作法やコツは違うもの。それぞれの業界でのテレアポのポイントをまとめ、ポイントを活かせるコールセンターシステムの導入事例を合わせて紹介しています。

金融/保険業

銀行やカード会社、損保や生保など金融業界でテレアポ営業を活用している事例を紹介します。既存の顧客管理はもちろん、新規キャンペーンの営業や新規顧客の獲得などに、インバウンド&アウトバウンドのコールシステムを導入している企業がたくさんあります。

不動産

不動産仲介を手掛ける企業は、物件の持ち主と借主、売り主と買主をつなぎながら両者を顧客として管理する必要があります。コールセンターやテレアポ営業を活用しながら、新規の物件や顧客をゲットする方法、具体的な事例を紹介していきます。

リフォームリノベーション

住宅のリフォームやリノベーション、修理などを手掛ける施工会社は、現場での作業と並行して新規顧客獲得のための営業活動を行わなければなりません。そんなリフォーム業界でコールセンターやテレアポを利用する事例をいくつかピックアップしています。

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇