営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » コールセンターの大まかなシステム構成ガイド » アウトバウンド向けCTIおすすめ5選!選ぶ際のポイントは?

アウトバウンド向けCTIおすすめ5選!選ぶ際のポイントは?

アウトバウンド向けCTiは有効な営業ツールとして多くの企業で導入されています。ここでは選ぶ際のポイントとおすすめのCTIを5つご紹介しますのでアウトバウンド向けCTIシステム導入を考えている方はぜひ参考にしてください。

コールセンターの「アウトバウンド」とは

コールセンターのアウトバウンドとはコールセンターから客に対して電話をかけて提案・営業することを言います。もちろんインバウンドはその逆。アウトバウンドは新規獲得を目指したもの、あるいは既存の顧客に新しい提案などを紹介する業務が主なものです。アウトバウンドと言うとBtoCがより身近ですが、客である企業へとコールするBtoBのアウトバウンドもあります。

新規顧客の取り込み

アウトバウンドの大きな目的のひとつが新しい商品やサービスの紹介を、その企業が持っているデータにある顧客に向けて案内すること。コールセンターから提案する商品やサービスにマッチするようなニーズを持っている顧客にたどり着ければ、それは大きなプロモーション効果となります。したがって、今でも多くの企業がアウトバウンドコールを使って営業しています。

既存顧客のフォロー

既存顧客に対してアフターフォローをするというのもアウトバウンドコールの重要な役割のひとつです。電話でコンタクトをすることで企業や商品に対する信頼や愛着を維持するのが目的です。また新しい情報や商品、サービスの訴求にもつながります。既存顧客維持は新規顧客獲得よりも労力も少なく更なる売り上げを生んでくれる可能性がある重要なものなのです。

アウトバウンドで見込み客を作れば飛込営業より効率的

営業のツールの1つとして今でも熱心に行われているのが飛込営業。しかし闇雲に飛込営業をするのは多くの時間と労力を必要とし効率があまり良くありません。なぜなら大多数の飛込営業相手があなたの提案を初めから求めておらず、移動時間、提案時間など無駄が生じるからに他なりません。その点、アウトバウンドコールは効率的に見込みのありそうな客を事前に電話で見極めることができるので、その後の営業もよりスムーズにいくことにつながるのです。

アウトバウンド向けCTIおすすめ5選

List Navigator (SceneLive)

特徴

電話とコンピュータを統合しクラウド化したアウトバウンドコールシステムであるList Navigatorはアウトバウンドコールの実践の場で稼働し培ったノウハウを出来る限り落とし込んで完成させられたシステムです。だからとても実用的なのが特徴です。アウトバウンドコールと言っても営業方法は様々。大量に架電をしたい、あるいは1件をじっくり架電したいなど、営業方法に合わせて利用できるように、5パターンの架電スタイルが用意されています。また、オペレーターが実際に行わなければならない操作を極力減らし直感的に使えるようにシステムを設計。効率良くコールできるようになっているので架電率の大幅UPも実現します。最短で申し込みの翌日から導入でき、また、導入後はずっと無料で手厚いアフターサポートをしてくれるのもポイントです。

こんな人におすすめ

今、導入しているシステムのコストを削減したいという人には特に適しています。初期導入費用は0円。月額システム使用料も1ブースあたり4,500円からと実に低価格。業界最安値に挑戦しているので無駄なコストは極力省かれています。

Sakura

特徴

アウトバウンドコールもインバウンドコールも対応できるのがクラウド型テレアポ管理システムのSakura。2017年にはIT製品の比較サイトであるITトレンドのコールセンター部門の年間ランキングで1位を獲るなど、コールセンター業界でも大きく支持をされています。このシステムの特徴はとにかく電話業務を効率良く効果的に行える様な機能が満載だということ。特に大変なのが顧客管理。エクセルで管理していたら効率は最悪です。Sakuraならはシステム内で顧客情報を一元化でき、検索も簡単。これだけでも効率は飛躍的にUPします。また、架電数をUPさせる仕掛けも秀逸。オペレーターのスキルUPに繋がるリアルタイムでの成功事例共有や、管理者のモニタリングももちろんできる。

こんな人におすすめ

利用者の状況に合わせてシステムを拡張することが出来るのはメリット。繁忙期と閑散期の差が激しい職種には特にメリットが高いのではないでしょうか。また、1アカウントから導入できるので投資を小さく始めることができるのもポイントです。

アポ放題

特徴

アポ放題の最大の特徴はスマートフォンで使えるということ。スマートフォンの定額プランを利用すれば通話料金は定額化できる。例えばかけ放題プランを利用していれば通話料金は0円。これはパソコンで発信ボタンをクリックしたら、スマートフォンに連動され、スマートフォンから発信されるというシステムです。もちろんスマートフォン単体でもこのシステムを利用することはできます。そして、スマートフォンなのでもちろん持ち歩きが可能。ネット環境さえあればどこにいてもテレアポ業務ができてしまう。これは在宅でのテレアポ業務もできるのではないかと思われると思いますが、もちろん可能。システムが可視化がされているので、管理者も在宅ワークをしっかり監視、管理できる。また、顧客データもシステム上で一元化されているので、リアルタイムに共有ができる。

こんな人におすすめ

他社のシステムと比べても遜色ない機能を持っています。あとは通話料金0円でかけ放題ができること。選ぶポイントはやはりこれ。月額7,800円以外は人件費しかかからないとなれば、事業者にとってはメリットばかりですよね。

エバーコール

特徴

エバーコールは現場の声を落とし込んだクラウド型のコールセンターシステムです。特に、管理者の視点を大きく取り込んでいるのがポイントです。オペレーターへのささやき機能はそのひとつ。オペレーターが架電している最中にも、後方から管理者が支援できるので成功率を高めることにつながります。クラウド型なのでもちろん管理はクラウド上。これは複数拠点をもつ企業でも簡単にデータの共有をすることができるというメリット。各拠点がリアルタイムに、成功事例や、最新情報を共有できることで飛躍的にアウトバウンドコール業務の効率はアップします。また、アウトバウンドコールを始めるにあたりサポートもしてくれる。ターゲットの選定やリスト化もしてくれるのもエバー コールの強みのひとつです。

こんな人におすすめ

オペレーターなどのスタッフの管理が行き届いていないという企業や管理者におすすめです。管理者が分析するにあたり必要な集計も様々な角度からシステムがすべてやってくれるから、オペレーションの問題点も一目瞭然です。

乱打かけ丸

特徴

乱打かけ丸はサイバーコール社が開発・販売しているのアウトバウンドコールシステムです。特徴は通話料金の大幅ダウンが実現すること。通常、固定電話では3分単位での課金となるので、30秒の通話でも90秒の通話でもすべて180秒分の料金がかかってくるところ、この乱打かけ丸は1秒単位での課金にすることができます。導入前と比べても50%以上のコストカットに成功したという話もあるくらいに効果的。また、業務効率を上げることにも貢献してくれます。システムが自動で在宅確認を行ってくれ、確認が取れた番号だけをオペレーターに振る。このことでオペレーターが待つ時間も顧客が待つ時間もなく全てが効率的になっています。もちろんクラウド型なのでネット環境とパソコンさえあればすぐに始めることができます。

こんな人におすすめ

通話料金を1秒単位に変更することでコストダウンの実現が可能。したがってコストダウンを考えている企業や人におすすめのシステムと言えます。コストダウンを実現できる上に、コール数が上がるなど、業務効率は飛躍的にアップさせてくれる。

アウトバウンド対応のCTIを導入するメリット

業務の効率化

コールセンターシステムを導入する前にはいったいどんな状態だったか。顧客情報はエクセル、あるいは紙ベースで管理。そして、ひとつひとつ顧客の電話番号をプッシュし、電話に出なければ次へ。通話に出て成約まで一気に行けたら最高ですが、次回に課題を残せば通話の内容を顧客情報に書き込む。これではいくら時間があっても足りませんよね。これらが瞬時に解決するのがCTIのメリットです。業務を効率化させてくれることは紛れもない事実です。

オペレーターのスキルアップ

CTIにはオペレーターの業務スキルアップに繋がる機能が多くあります。それは管理者がオペレーターの架電状況や実際に架電した録音を聞いた上で問題点を指摘するなど、管理者が一目瞭然でオペレーターの問題点を見ることができ、改善指導をすることが出来るのです。また、架電中にも後方支援をすることができる機能を持ったCTIも出てきています。会話を聞きつつ、リアルタイムで支持が出せるのでオペレーターも安心して取り組むことが出来るのです。

成約効率の上昇

CTIシステムには顧客管理機能があります。顧客管理機能はこのシステムを導入する最大のメリットと言っても過言ではありません。顧客の属性や特徴をリアルタイムで管理、そして上書きしていくことができます。そして、その情報は社内で共有され、その顧客情報を元にリストの再構成などをし、オペレーターは誰でも最新の顧客の特性を把握した状態で架電することができ、これが成約率を大きく上げることを実現させてくれるのです。

アウトバウンド型CTIを導入する際の注意点

操作が複雑だと覚えるまで時間がかかる

新しいシステムを導入するにあたり問題点があるとすれば、それは操作の煩雑化。オペレーター全員が一から新しいシステムの操作を覚えなければならず、システム導入した初期はどうしても業務効率が下がることが予想されます。しかし、多くのシステムがとても簡素化され、携帯電話のように直感的な操作性を実現しているのも事実です。したがって、できるだけシンプルで操作性の良さそうなシステムを選ぶことで、システム導入時の混乱を防ぐことができるのです。

導入コストがかかる

新しいシステムを導入するにはコストがかかるのは当たり前です。流石に無料で使えるシステムなんてものはありません。しかし、クラウド型のCTIシステムが一般的になってきてから、その初期費用やランニングコストは飛躍的に安価になったと言えます。中には初期費用0円で月額利用料だけがかかるというシステムもあります。多くのCTIシステムがコスト削減を謳っていますので、初期費用やランニングコストをじっくり検討してみましょう。