HOME » コールセンターの大まかなシステム構成ガイド » ハードウェアとソフトウェアの違い

ハードウェアとソフトウェアの違い

このページでは、通話交換に不可欠なPBXの導入で、ハードウェアとソフトウェアにはどんな違いがあるかを紹介します。

どう違う?ハードウェアとソフトウェアのPBX

ハードウェアとソフトウェアのPBXを説明するイメージこれからPBXを導入する、もしくは交換をする場合、仕様としてはインターネットプロトコルに対応したIP-PBXを選ぶことになります。電話音声をデジタルデータとしてLAN回線で取り扱えるため、コンピュータともシームレスに連係できますし、コールセンターのように大勢のオペレータが電話とパソコンを常時駆使する業務では、その機能をフル活用することになるでしょう。

そこで、まず最初に理解しておくべきことは、IP-PBXにはハードウェアとソフトウェアがあること。PBXというと物理的な機器をイメージする人が多いかもしれませんが、一般的なサーバ上で動作するIP-PBXソフトウェアも多数リリースされているのです。

ハードウェア型IP-PBXの特徴やメリットとデメリット

今のIP-PBXは、電話交換機というよりはスイッチやルータ機能も併せ持った機種が一般的。バリエーションはかなり幅広く、小規模オフィス向けから大企業向けまで、複数のメーカー・機種の中から選ぶことができます。中でも小規模オフィスで利用するなら、ビジネスフォンと呼ばれるタイプは比較的コンパクトかつ安価で導入しやすいと思います。

ハードウェア型IP-PBXは、セキュリティ対策や稼働の安定性という点で専用機器ならではのメリットがあります。一方、導入及び交換時の費用は高くなる傾向がありますし、ハードウェアである以上、拡張性などは限定されてしまいます。

ソフトウェア型IP-PBXの特徴やメリットとデメリット

ソフトウェア型IP-PBXは、企業が一般的に利用しているサーバにインストールして使えるので、コールセンター事業を行っているような企業なら、改めて環境を用意する必要もないでしょう。

ソフトウェア型のメリットは低価格・短納期・拡張性など多々あります。ハードウェアではないので初期投資、運用コストともに安価になりますし、利用する規模が拡大していっても買い替える必要がないのです。機能追加や外部システムとの連係など、拡張性・柔軟性もハードウェアと違って十分にあります。

また、ソフトウェア型IP-PBXの利用方法として、自社管理のサーバにセットアップする他、クラウド型サービスとして提供しているものもあり、これなら初期投資やメンテナンスの手間もより軽減できるでしょう。

デメリットを挙げるとすれば、ちゃんとしたベンダーの製品を利用しないと、ハードウェアよりセキュリティに不安があることくらいです。