営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » 評判の高いコールセンターシステム開発・販売会社リスト » ソフツー

ソフツー

このページでは、インバウンド・アウトバウンドの両方に対応しているソフツーのCTI製品について紹介します。

ソフツーのコールセンターシステムBlue Bean(ブルービーン)導入企業の声

ソフツーの製品導入企業のコメントを一部ピックアップしてみました。

サイト運営会社の事例

「架電倍率と低料金が決め手となってBlue Beanを導入しました。倍率設定機能があるので、業務のボリュームに応じて設定でき、かけすぎを防ぐことができるようになり、人員管理や数字の管理が楽になりました」

コールセンター会社の事例

「料金や機能などの条件をもとに検討した結果、マッチしたのがBlue Beanでした。導入後、すぐに使うことができ、業務の枠組みの作成や設定など、他社の製品よりも簡単にできたのがよかったです。導入後、使い方に迷いが出た時には、サポートに問い合わせると親切に教えてもらえました。これまで使ったコールセンターシステムと比べて、設定も自分たちで簡単にでき、運用自体も細かくできたので、想像以上に使いやすかったです」

保険会社の事例

「3万件ほどのお客様情報を効率よく処理することができました。データも参照でき、以前とは比べ物にならないほど、業務効率がアップしました。問い合わせもいろいろとさせてもらったのですが、とても親切に説明してもらいました。2週間ほどで導入でき、スピーディーに業務を始動できたのも助かりました」

ソフツーの代表的なCTI製品と企業情報

コールセンター業務に関連する、ソフツーの代表的なCTI製品と企業情報は以下の通りです。

製品名 概要 価格 規模 形態
Blue Bean PBX機能はもちろん、独自開発のCTIやCRM機能をパッケージングし、ワンストップでコールセンター業務に必要な機能を提供
  • 初期費用10,000円~
  • 月額費用10,000円~
小規模~大規模 クラウド

ソフツーの特徴や開発理念など

コールセンターシステムを取り扱うソフツーの特徴や開発理念などで、ポイントとなるのは以下の点です。

ソフツーの事業内容

ソフツーでは、クラウド型コールセンターシステムサービス事業をはじめ、VTech Telecommunications社のホテル用電話機の販売事業、自社ブランドの電話機用ヘッドセットなどVoIP対応の機器の販売を行っています。

インバウンド、アウトバウンドに対応

クラウド型コースセンターシステム/コンタクトセンターシステム「Blue Bean」は、オープンソースソフトウェアIP-PBXの「Asterisk」をベースに開発されました。インバウンド、アウトバウンドの両方に対応することができます。使いたい機能がすべて揃ったパッケージタイプでありながら、クラウド型のシステムなので、工事や設備導入は必要なく、パソコンとインターネット環境があれば、すぐに利用可能です。

利便性・安全性の高いシステム

BlueBeanは「マルチテナント」「セキュア管理」「高信頼性」を基本コンセプトに作られました。

・マルチテナント…複数業務に対応しているので、顧客ごとの業務設定管理が可能

・セキュア管理システム…役職に応じて権限に差をつけ、アクセス可能な範囲を決めることができる

・高信頼性…国内トップクラスの実績を持つデータセンターの専用サーバ・クラウドサーバを利用しているので信頼性の高いシステム構築が可能

ソフツーの会社概要

営業効率と売上UPが狙える
テレアポ・コールセンターシステム
をチェックする

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇