営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » 評判の高いコールセンターシステム開発・販売会社リスト » インテック

インテック

NECプラットフォームズ社製品と連携するインテックのCTI-OneなどCTI製品について紹介します。

CTIやIP電話製品に強い
インテックの導入企業の声

インテックの公式サイトで見つけた同社製品導入企業のコメントを一部ピックアップしてみました。

金融機関の事例
営業先との取引履歴やプロジェクト管理などを店舗と本部で一元管理できるようになりました。特に、担当の引継ぎの際には導入効果を実感しています。

インテックの
代表的なCTI製品と企業情報

コールセンター業務に関連する、インテックの代表的なCTI製品と企業情報は以下の通りです。

製品名 概要 価格 規模 形態
CTI-One UNIVERGE Aspire WXと連携するCTIシステム。対応状況やスキルによってオペレーターを選択できるインテリジェントACD機能や自動発信(アウトバウンド)機能、IVR(音声応答)機能などを搭載 - 小~中規模 オンプレミス、クラウド
CTI-One/AS SaaS部分と導入部分を組み合わせたハイブリッド型のシステム構成。強力なシステム連携機能によって、業務システムや各種CRMパッケージ、SaaSサービスとも簡単に統合可能 - 小~中規模 クラウド

インテックの
特徴や開発理念など

コールセンターシステムを取り扱うインテックの特徴や開発理念などで、ポイントとなるのは主に以下の3点です。

NEC系製品との連携で使えるCTI-One

インテックのCTI製品で主力となるCTI-Oneは、NECプラットフォームズ社のUNIVERGE Aspire UXと連携してコールセンターシステムを構築することができます。ACDやIVR機能を含むインバウンドとアウトバウンドの両方に対応、管理機能なども充実しているのが特徴です。

コンタクトセンターを一元管理できるF3

本社と営業拠点、そしてコールセンターを一元管理するためのソリューションとして、インテックにはF3があります。これは金融機関に特化したシステムで、長年蓄積したノウハウが活かされています。

業務効率化に使える多様な製品がある

CTI-OneやF3の他にも広告効果測定や顧客接点強化のソリューションを提供していて、それらを利用することでコールセンターでの販促効果もきちんと把握することができます。

インテックの会社概要

営業効率と売上UPが狙える
テレアポ・コールセンターシステム
をチェックする

おすすめアウトバウンドシステムの
費用・機能まとめ

BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

プレディクティブコールを含んだ


月額費用

導入前に試せる


無料トライアル
List Navigator. 48,000円 〇
乱打かけ丸 66,096円
アポ放題 99,360円 〇