営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » 評判の高いコールセンターシステム開発・販売会社リスト » グッドリレーションズ

グッドリレーションズ

GoodLineやGoodCallなどを提供しているグッドリレーションズのCTI製品について紹介します。

ビジネスフォンGoodLineも好評の
グッドリレーションズの
導入企業の声

グッドリレーションズの製品導入企業のコメントを一部ピックアップしてみました。

LED販売会社の事例
これまでアポ情報は紙に書いたり、メールで送って共有していましたが、Good Callは、各自のスマホからもログインできるので、アポ情報や訪問結果をリアルタイムに共有できるようになりました。そのため、事務処理も早くなり、業務効率が圧倒的にアップしました。
通信代理会社の事例
いままでは、通常の電話機を使って、エクセルの番号表から電話をかけていたため、発信効率が悪く、通話結果や履歴の共有もできませんでした。Good Call導入後は、応対履歴が顧客画面に時系列で一元管理できるようになり、効率が格段によくなりました。
ECサイト運営会社の事例
着信を用件ごとに振り分けることができる上、着信時に顧客情報がパソコン画面上に表示されるので、顧客対応の品質向上や業務効率向上に最適です。通話履歴が残り、通話録音も可能なので、トラブルを回避することもできます。小規模からの導入が可能なので、低コストでコンタクトセンターを構築でき、とても満足しています。

グッドリレーションズの
代表的なCTI製品と企業情報

コールセンター業務に関連する、グッドリレーションズの代表的なCTI製品と企業情報は以下の通りです。

製品名 概要 価格 規模 形態
Good Call アウトバウンド・インバウンド・進捗管理顧客管理まで、全ての電話営業ツールが揃ったクラウド型コールシステム。最短2日でコールセンターを始めることが可能 1アカウント4,000円 小規模~大規模 クラウド

グッドリレーションズの
特徴や開発理念など

コールセンターシステムを取り扱うグッドリレーションズの特徴や開発理念などで、ポイントとなるのは以下の点です。

さまざまな機能がオールインワンに

クリック発信、自動効果分析、リスト管理、再コール設定などの機能はもちろん、着信時の顧客情報ポップアップ、IVR(自動音声応答)、ACD(着信振分け)機能が標準搭載されています。顧客画面では、応対履歴が時系列で表示され、顧客フォローや顧客管理まで、オールインワンで対応することができます。

アウトバウンドでもインバウンドでも利用可

Good Callは、アウトバウンドでもインバウンドでも利用可能。アウトバウンドでは、録音機能を活用し、コールセンターと外回りの営業とで、顧客情報をすぐに共有することができます。インバウンドでは、顧客情報がリスト化して表示。着信時に顧客情報がポップアップ表示されるので、過去対応をスピーディーに確認することができます。

業務に合わせてカスタマイズ可能

顧客情報や応対履歴の結果フラグなどを、自社の業務に合わせて簡単にカスタマイズすることができるので、どのような業務にも柔軟に対応します。誰が、どの業務で、どの顧客と、どんなやりとりをしたのかという情報を、全体で共有することできるので、社内の業務効率もアップします。

クラウド型ビジネスフォンGood Lineも好評

電話・インターネット環境の構築などの通信事業や、コールセンターの構築、運用代行などのコールセンター事業、テレアポやコンタクトセンター構築に必要なシステムやIP電話回線などの営業支援事業、パッケージされたものから独自開発したものまで提供するシステム開発事業などを行っているグッドリレーションズ。コールセンターシステムのGood Callのほか、クラウド型ビジネスフォンのGood Line(グッドライン)も手掛けています。

グッドリレーションズの
会社概要

アウトバウンドシステムの
各社対応機能まとめ

※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。

細分化された顧客のステータスを一括把握

リスト管理

話す内容を共有し、スキルレベルを一定に

TS共有

見込み顧客を明確にし、優先的に架電

架電管理

架電内容や対応を分析し、改善策を打てる

架電分析
List Navigator. 〇 〇 〇 〇
Sakura 〇 〇
アポ放題 〇 〇
エバーコール 〇
乱打かけ丸 〇

※TS=トークスプリプト

【リスト管理】・・・細分化された顧客のステータスを一括把握。適切な顧客に適切なタイミングで架電できるメリット。

【TS共有】・・・話す内容を共有し、スキルレベルを一定に。オペレーター全体の底上げへ。

【架電管理】・・・見込み顧客を明確にし、優先的に架電。成約率を高める。

【架電分析】・・・架電内容や対応を分析、即座に改善策を提案。戦略的なテレアポが可能。