営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ » コールセンターシステム導入の前に » 価格相場を知る

価格相場を知る

このページでは、パッケージタイプのコールセンターシステムについて、価格相場や運用コストの内訳などを紹介します。

コールセンターの
システム導入の相場価格

コールセンターシステムは、ビジネスの場で採用される他の業務支援システムや統合システム同様、オンプレミス型とクラウド型があります。

オンプレミス型はパッケージ型、自社運用型とも呼ばれ、そのシステムを企業の設備内に設置して運用することになるため、初期費用として設備投資が必要になります。クラウド型はインターネットを通じてシステムを使用するため、インターネットが使用できる環境があればスタートできます。また、クラウド型はIP電話を使用するため、電話機の導入が不要。インカム(ヘッドフォンマイク)があれば明日からでも使用できるのが小規模スタートアップに向いています。

そのため、コールセンターシステムにおいて、オンプレミス型とクラウド型では価格も異なります。

オンプレミス型の価格相場

オンプレミス型の場合、部署の場所が変わったり、会社が移転した場合、あらたに設置しなければならなかったり、設定を変える場合にも、専門家に依頼して変える必要があるので、コストがかかります。

また、会社の規模が大きくなった場合、サーバーを増設しなければならず、その分、費用がかかります。

クラウド型の価格相場

クラウド型のコールセンターシステムの費用は、初期費用と月額利用料がかかりますが、オンプレミス型のような高額な開発費用やサーバー購入費用などはないので、初期費用を抑えることができます

必要なサービスだけを選ぶことができるので、月額の利用料金も必要最低限で済みますし、部署の配置換えや、会社が移転した場合も、設定の変更を簡単に行うことができるので、余計な費用もかかりません

アウトバウンドは
クラウド型の導入からがオススメ

クラウド型であれば、サーバーやアプリケーションのバージョンアップなどのメンテナンスも、サービスを提供している業者にお任せできますし、急なトラブル時にもスピーディーに対応してもらうことができます。

また前途の通り、クラウド型は初期費用が安いため、気軽に導入することができます。

コールセンターシステムを提供している業者の中には、無料トライアルを行っているところもあります。事前に使用感を確認することができ、導入後の失敗も少ないのでおすすめです。

コールセンターシステムを導入する際には、必ず、複数の業者から見積もりを取り、サービス内容と金額を比較して、検討することが重要です。

無料トライアルがある?ない?
コールセンター比較

コールセンターシステムの運用コストの内訳

システムを導入した後、コールセンターシステムの運用にかかる費用にはどのようなものがあるか、内訳に関する調査データを紹介しておきます。これはリックテレコム社の調査資料で、「コールセンター白書2004」に記載されていたものです。

もっとも、人件費に含まれるのがどこまでかは導入企業による違いもあるため、一概にはいえません。それでも、アメリカでの同様の調査でも人件費は65~70%通信費が10~20%というデータがあります。コールセンターにおいて人件費の占める割合が大きいのは事実で、システム化によって一定のコスト削減は期待できますが、中長期的な意味で業務改善や費用対効果を検証するなら、人的部分での質を高めるために費用を投資することがかなり重要になります。